代表作「レイトン教授」「イナズマイレブン」 ドラゴンクエスト開発も担当 
福岡唯一のゲームパブリッシャー レベルファイブ

福岡本社企業転勤可能性原則なし弊社推薦者入社実績あり

勤務地

福岡本社:西鉄薬院駅横

【転勤の可能性】:原則的にない

仕事内容
  • ゲームのプログラム開発(言語:C/C++)
  • シェーダー開発(言語:Cgなど)
  • ツール/プラグイン開発(言語:C/C++, C#, C++/CLI)

内定後は、能力考課のため契約社員として従事していただく場合があります。

面接対象者 エムハートスタッフが下記条件を考慮して、採用候補者の可能性があると判断される方は求人企業による書類選考を経て一次面接が設定されます。

  • C++言語とオブジェクト指向をしっかりと理解している方
  • プログラムの基本的な動作原理を理解している方(アセンブラを理解している方)
  • 基本的なデータ構造・アルゴリズム、テンプレート(STL)などに対する理解がある方
  • 汎用/独自スクリプト言語によるゲーム制御プログラミングの経験がある方
  • その他、以下の経験がある方を優遇します。
    - プログラマブルシェーダーを用いたグラフィックスプログラミング経験者
    - 3D制御プログラミング経験者
    - 物理シミュレーションプログラミング経験者
    - 群集シミュレーションなどのAIプログラミング経験者
    - 3年以上のコンシューマ機での開発実務経験者

業界未経験者の方は自作のゲームプログラム作品を提出できる方
非公開採用基準あり 人物面 年齢 転職回数 職歴 学歴 転職回数等

≫エムハートスタッフがお勧めする方
福岡を代表するゲーム会社としては、サイバーコネクトツーもありますが両社のワークスタイルは大きく違いますので違いについては候補者の方にご説明させていただきます。

会社紹介

ドラゴンクエストのデベロッパーとしてその実力が知られていたが、2006年パブリッシャー事業へ参入。
大きなリスクを伴うパブリッシャー事業だが、レイトン教授シリーズ、イナズマイレブンシリーズが大ヒット。
2008年には平尾公園博多の森球技場の命名権を年間3150万円で取得し3年間の契約で同球場は「レベルファイブスタジアム」となり、地元福岡ではゲーム業界関係者だけでなく一般にも知名度がアップした。

モバイル向けゲーム業界はDNA陣営とグリー陣営に二分されてきているが当社はDNAと共同開発で両社の代表作を合わせた「レイトン教授ロワイヤル」を発表。
大きなニュースとなった。

日野晃博社長はかつて存在していた福岡のゲーム開発会社リバーヒルソフトの出身。
福岡を中心とするゲーム開発会社の組織『GFF』の中心人物。親交が深いサイバーコネクトツーの松山社長らとともに「福岡をゲームのハリウッドに」と意気込む。

勤務スタイルは、サイバーコネクトツーとは対象的でフレックス。
オフィスも豪華絢爛
非公開会社情報あり 推薦・紹介対象者となる方には詳細にご案内します

本社所在地 福岡市中央区薬院1-1-1 薬院ビジネスガーデン
設 立 1998年10月
従業員数 260名
最近の年商 127億円(2010年7月)

この求人情報の詳細情報を表示

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。